フットサルのコツ【フットサルとサッカーの違い】

スポンサードリンク

そもそもフットサルって何??

フットサルって、ミニサッカーでしょ?

 

・・・って思っているあなた!それは違いますよ!
フットサルをしていて、
・思うようにパスがつながらない・・・
・シュートが入らない・・・
・ドリブルがうまくできない・・・
・ディフェンスがうまくできない・・・
・全体的になんとなくうまくいかない・・・
・勝てない・・・
ということはありませんか?
それにはちゃんと理由があります。それはズバリ「サッカーと同じ感覚でプレーしているから」です。

 

フットサルとサッカーは、似て非なるスポーツです。流行りはじめた当初は、それこそミニサッカーの延長でしたが、今は違います。ルールがしっかり定められ、それに伴ってフットサルならではの「動き(=基礎)」が確立されているのです。本屋さんに行けば、フットサルに関する本がたくさん売られていますよね?これが正に、「サッカーとは違う」ということを示しているのです。

 

一般的に知られている「フットサル」とは、
・プレイヤーは5人。
・コートはサッカーの約1/8の大きさ。
・ボールもやや小さめの4号球で、あまり弾まない。
そして、、、
やっぱりミニサッカーでしょ?  ・・・という感じです。
しかし、先ほども書いたように、フットサルとサッカーは違うスポーツです。
最も大きな違いは、「コートが小さい」ことです。これによって、女性や初心者が取り組みやすいメージがありますが、その一方で、経験者には やりにくさを感じさせます。しかし、逆に言えば、このフットサルとサッカーの違いをしっかり認識して練習することで、あなたもフィールドの貴公子(?)になることができるんです^^

 

フットサルのコツ【フットサルとサッカーの違い】

 

 

 

このサイトでは、「フットサルとサッカーの違い」を認識してもらうことで、今まで以上にフットサルライフを楽しんでいただくことを目的としています。そのために、ちょっとだけ頭を使って考えることも必要になってきますが、それによって、より長く・より楽しくフットサルに取り組んで頂けるようになると思います。

 

あなたが今よりも楽しいフットサルができますように!
お役に立てたら幸いです^^

 

スポンサードリンク

管理人情報

夏のおススメグッズ!!


 
トップページ