簡単フットサルルール解説

フットサルを快適に観戦するグッズ

簡単フットサルルール解説

初心者向け!かんたんフットサルルール開設

別のページでもフットサルのルールについて書いていますが、フットサル初心者のために、より分かりやすく・かんたんにフットサルのルールを解説します^^

 

 

バックパスとは?

バックパスとは、後ろに戻すパスのこと、つまり、ゴールキーパー(=ゴレイロ)へのパスのことを指します。

 

 

 

 

サッカーでは、何度でもこのバックパスをおこなうことができますが、フットサルでは基本的に1回しかできません。
相手がボールをさわるまでは、1回しかキーパーはパスを受けられないよーってことなんです。

 

あ、ちなみに、パスを受けると言っても、手は使っちゃダメです。
手以外の部位(主に足)でパスを受けることができるということです。

 

 

 

なぜサッカーではバックパスOKなのに、フットサルでは1回しかできないのかというと・・・

 

何回もキーパーがボールを触れることにしてしまうと、なかなか前に展開していかないんですよね。例えば、点数をリードしている場合、キーパーを含めてパス回しをし続けることで、時間を稼ぐことができてしまうんです。

 

日本サッカー協会としては、スピーディーで、アクティブな、前へ前へと向かうプレーを推進したいのでしょう。

 

そのために、フットサルではバックパスは1回のみとなっています。

 

 

 

しかし、プロならともかく、初心者には技術的に難しいルールですよね。
ワンデー大会等では、バックパスのルールを適用しないローカルルールを設定する場合も多いですが、しっかりとバックパスのルールを適用するワンデー大会ももちろんあります。

 

 

ルールは知っていた方が絶対に得なので、覚えておいた方がいいですよ^^

スポンサードリンク




 
トップページ